テキスタイルアーティストの巨匠... >>

山口はお魚天国♪

山口市に来て、良かったと思ったことは、お魚が新鮮で手ごろに求められること。
とくにbutakoがひいきにしているのは、中心商店街の一角、中市商店街の新鮮市場内にあるお魚屋さんです。
f0373051_19520377.jpg
ここで3000円のお魚の盛り合わせを作ってもらったときがすごかった!

予約の電話をしたのが14時すぎだったので、「午後は魚の品揃えが悪いよ」と言われたのにもかかわらず作ってくださったのが、この盛りです。
f0373051_19424591.jpg
これには兵庫県に住む私の妹家族も喜んでくれました。
(注:漁や季節、魚の時価によって盛りが違ってきます)

これに感激して、友人が我が家に来るときには、刺身の盛り合わせを頼むようになりました。
グルメなみなさんですが、どなたも感動してくれました。

そこで年末に、同じ感覚で「お刺身を2000円分でお願いします」とお願いし、
期待しながら取りに行ったのですが、ショックを受けてしまいました。

なんと年末年始は、漁をしないらしく、
ブリの柵が1本だけ。
(でも重さからいうと、2000円で半身だったので、すごいボリュームですが)

えー、お正月に刺身の盛り合わせって、山口じゃ、難しいの?!
と不満に思ったのですが、漁にでないんじゃ、しょうがない。

でも、そのクオリティの高さにびっくりしました。
まず、切り口がヘタってなくて、角がピンとたっています。
そして脂が十分のっていて、でもしつこくなく、上品なのに豊潤なお味!!

元旦は、お刺身で満喫し、
f0373051_19531884.jpg
翌日は、漬けにしてブリ丼にして楽しみ、
f0373051_19533721.jpg
三日目はアラ炊きにしました。
f0373051_19535088.jpg
三が日ブリ三昧でしたが、調理の仕方を替えたので、三様に楽しめて、とても満足~。
ブリは今が旬。
そして『出世魚』であることから、お正月には好んで食べられるのだそうですね。
(butakoの実家では、明石の魚の棚でお願いした鯛の姿焼きでした。場所が変わったら当然食べ物も変わります)

ロベルトもブリ料理に舌鼓。
もともと和食好きですが、おおいに喜んでくれました。

ロベが足を怪我したのが11月末日。
痛みや腫れがあり、松葉杖なしでは過ごせない不自由な毎日ですが、せめて美味しいご飯を食べて、楽しみを見つけないとね。
山口の食で、butakoなりに応援してますよー。
f0373051_19540045.jpg

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2017-01-05 19:16 | 山口の食 | Comments(2)
Commented by Yuko at 2017-01-27 10:11 x
妙さんあのお刺身の盛り合わせ今でも目と舌によみがえります。
美味しかった~~~
あれを食べにまたお邪魔させて頂きたいです(^^;
Commented at 2017-02-24 13:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
テキスタイルアーティストの巨匠... >>