<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テキスタイルアーティストの巨匠 公文知洋子さん

現在ギャラリーナカノで開催中の『てご屋の手仕事展』に昨日行って来ました。
f0373051_09174267.jpg
かわいい裂織(さきおり)やフェルトの小物がいっぱい!!
時間も忘れて、あれやこれやと見入ってしまいました。
f0373051_09170485.jpg

今回の仕掛け人は、テキスタイルアーティストで裂織(さきおり)の権威 公文知洋子(くもんちよこ)さん。
山口市ご出身ですが、ここ40年は兵庫県西宮市にお住まいです。
兵庫県出身のbutakoにとって、親近感が沸きました。

公文さんの個展ではなく、彼女が監修している宇部市にある自立支援センター『てご屋』のメンバーが作った作品展&販売が、展覧会のメインとなっていました。

自立支援センターでは5年ほど前から、おもに知的障碍者を対象に、工芸班を結成。
現在は15名ほどの班員が、手仕事に励んでいます。

f0373051_09170536.jpg

昨日は、西宮からわざわざ公文さんがお越しになっていたので、ロベルトと一緒にお会いしました。

f0373051_09174318.jpg
奥のスペースには公文さんの作品もあり、拝見しました。
公文さんの裂き織りの世界は、見ている人を、不思議な感覚にいざないます。

裂織とは…
この技法についてしらないbutakoのために、丁寧に解説くださる公文さん。
もともと東北地方の技法で、貧しく糸や布がなかった時代、着古した服を裂いて細い帯状にして、経糸(たていと)と組み合わせて織ったもの。

藍染めを使うのが基本だったそうで、何年も着て洗い、布が薄い(向こうが透けるくらい)ものが、良いそうです。
藍染は、染め方や洗った回数によって、一枚一枚風合いが違います。
それが作品に反映されて美しいのです。

古布を使っているので、
「100年前に使われていた着物が、こうして作品として甦るのはスゴイことよね。100年という時をまとっているので、その時間も含めてのアートだと思います」
とおっしゃっていました。
f0373051_09174220.jpg
こちらの作品は、裂き織りをはじめて初期の頃のものだそうですが、
個展に出した際、男性画家の方たちの反響が多かったそう。
「茶系が好き」とおっしゃる公文さんの『好き』が詰まった作品なんですね。

そして最近の作品はこちら。
f0373051_09174252.jpg
(うまく撮れなかったので作品集の本からとりました)
国際的なコンクールにも入賞した彼女の世界観を表した技法です。

不規則に合わさったパーツは、裂き織り独特の風合いがうまく生かされています。
前に出っ張っているので、そのでこぼこ感が、作品の味になっています。
こちらは裂き織りの技法を一部使っていますが、
有機的な動きがあり、脳のシナプス(神経細胞)のようでもある。
しなやかな動きと大きく不ぞろいな網目ですが、エレガントさを感じます。

ときより混じる色も素敵だし、裂き織りの部分(黒く固まりのある所)の表現が、編みこまれる技法で、やはり独特に感じます。
裂き織りを使っての、新しい表現方法。
公文さんの真骨頂です。

公文さんが裂織を始めた80年代は、高度成長期が成熟し、バブルへと進む直前の時期。
当時、古着は捨てられていくのが当たり前の時代でした。
それを譲ったり買い受けたりし、裂き織りの作品へと昇華させていきました。
ただ、今までの裂織りのやり方では、表現できない技法があったので、独自に開発したりして、工夫を重ねました。

f0373051_09281104.jpg

子育てや旦那さんの世話の合間での作業でしたが、
「楽しくてしょうがなかった」
と当時を振り返ります。

現在は、秋吉台国際芸術村や、あさご芸術の森、ベルンでの展覧会など国内外の展覧会にお忙しくされています。
公文さんの見せてくれた裂織の世界…
とても不思議な感覚へといざなってくれました。

ギャラリーナカノでの展覧会
f0373051_09170565.jpg

裂織・フェルト てご屋のてしごと展 
賛助出品 公文知洋子 
2016年10月21日(金)-30日(日)
11:00-19:00(最終日18時) 定休 10月26日(水)

butako170


[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-23 08:44 | 山口ゆかりのアーティスト | Comments(0)

大殿 あかりさんぽにむけて その1 ヒンメリとの出会い

配属先の大路ロビーでは、毎年、クリスマスのある12月には、大殿大路と竪小路の一部をイルミネーションするそうです。
そのイルミネーションこそが『大殿あかりさんぽ』
大路ロビー配属後のbutakoの大仕事は、あかりさんぽの企画をすること!
f0373051_22121208.jpg
さてさて、ロビーのメンバーのアイデアで、今年は、イルミネーションとともにヒンメリを飾ることになりました。
ヒンメリとは、フィンランドの麦わらを使った伝統工芸。
収穫の後、農閑期を利用して、ヒンメリを作り、クリスマスのオーナメントにしていたとか。

おりしも、山口市がフィンランド共和国ロヴァニエミ市と文化交流協定を結んだそうなので、この企画は、非常にタイムリーだと言えます。

そしてラッキーガールのbutakoさん、先日、南部フォーラムという会に行ったとき、地域おこし協力隊として、山口市南部地区でご活躍されている奥山さんが、な、なんとヒンメリのワークショップをされていると伺い、ワラをもつかむ思いで(ヒンメリだけに)、お会いしに行って来ました。
f0373051_22125866.jpg

今日は奥山さんの話を聞きに、徳地(とくぢ)地方にある 『うずまき Life Art』 さんの活動拠点にお邪魔をしました。

古民家を改造しており、とってもおしゃれなんです!
f0373051_22133565.jpg
その一角にヒンメリが飾ってありました。
やはり予想どおり、古い日本家屋と合いますねー。
観葉植物のグリーンともあってる。

f0373051_22121208.jpg

まずは『あかりさんぽ』の趣旨や大路ロビーに関しての紹介をして、
美味しいコーヒーを頂いて(バナナケーキはbutako作)
f0373051_22151765.jpg
いよいよワラを拝見しました。

f0373051_22160252.jpg

「ワラを剥いてから作るんです」と言われたのですが、ワラを剥くとははて?
そうなんです。
ワラの周りを覆う薄い皮をとると、そこに現れたのがストロー状の管。

f0373051_22163547.jpg

英語では、ワラのことをストローっていいますが、まさにストローの原型がこれなんだわーと妙に感激してしまいました。

根っこに近いほうが管が太い。
なーるほど。

そんなこんなで、ワラも少し分けていただけることになり、またヒンメリの作り方も後日、教わることになりました。
11月は教わったやり方で、ひたすらヒンメリを作るべし。

f0373051_22171616.jpg

良い出会いを感謝します。
またお忙しいなか時間を割いてくださった奥山さんとメンバーの皆様、ありがとうございます。
私も、私のできることで、お返ししたいと思った秋の一日でした。

butako170

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-22 21:55 | 近況 | Comments(0)

津和野を訪ねて

小京都、津和野。

f0373051_23080871.jpg

津和野は山口県ではなく、島根県なのですが、『萩・津和野』としてこの界隈の観光を牽引してきました。

全国各地には『小京都』と銘打っている町が数多くあり、自治体の連携組織「全国京都会議」に加盟している町が、全国で45都市もあります!(京都をのぞく)
山口県では山口市、萩市が加盟しています。
津和野ももちろん加盟しています。

山口市は大内氏が、京都を真似て室町時代に町を築いた経緯があり、大内氏の覇権が西日本におよんだことから『西の都』と呼ばれていたんですね。

さて、SLやまぐち号を下車して、街へ向かいます。
f0373051_23073119.jpg

まったくガイドブックも持たずに津和野駅に降り立った私たち。
まずは旧市街の駅側にある『鯉の米屋』へ。

f0373051_23093612.jpg
無料で入れて(お店なので当然か)、店内の立派な錦鯉のいるお堀まで行けます。
そこで鯉にエサをやるのが楽しい。

店の方はとても気さくでした。
行ったときはちょうど、渋柿の渋を抜く作業をしてらっしゃいました。

f0373051_23090361.jpg

「柿のヘタに、焼酎をぬって渋をぬくんだよー」と興味津々のロベルトに伝授。
いろんな渋のぬき方があると聞いていましたが、面白いですね。

f0373051_23101046.jpgさてさて、町のメインストリートの本町通にさしかかりました。
ちょうど雨が本降りになったので、こちらの『日本遺産センター』に入ることにしました。
日本遺産…初めて聞く言葉ですが、世界遺産にならい、2020年の東京オリンピックも見越して、外国人にも分かりやすい名称でタイトルをつける…というのが趣旨のよう。

津和野の昔の地図や津和野百景とよばれる浮世絵のレプリカの展示、そして鷺舞についてのレクチャーを受けました。
鷺舞は山口市にもあります。

鷺の被り物をして、八坂神社に奉納する踊りなので、七夕伝説とも深く関わってします。

津和野の鷺舞は、鷺の羽の部分が31枚のヒノキでできており、手を振ることで音が鳴るので、拍子をとる楽器の役割をになっています。

面白い施設でした。
話が直接聞けるのって、やっぱり楽しい。

その後、創業寛政10年(1798年)で『一等丸』を売る薬屋さんや、カトリック教会を回り、ふたたび津和野駅へと戻りました。


ギャラリーくんすとホーフを営む陶芸家の中尾厚子さんとの素敵な出会いもあり、収穫がありました。

今回はあいにくの雨で、一番の見所である太鼓谷稲荷神社にも行かず仕舞い。
次回はぜひとも訪れてみたいです。

津和野の町は規模としては小さく、2時間くらいで回れる小ささが分かりやすくて良いのだと思います。
小粒で趣が詰まった街、津和野。
とても素敵な街でした。

butako170

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-16 09:55 | 山口県の見所 | Comments(0)

心躍るSLやまぐち号 (機関車)の旅

先週末は、妹一家が来ていたので、SLやまぐち号に乗って、山口ー津和野のショートトリップを楽しみました。

f0373051_23081561.jpg
正直、SLなんてあまり興味がないので、さしたる感動はないと腹をくくっていたのですが・・・


f0373051_23074456.jpg

実際にホームに入ってくるやまぐち号を、目にして、とてつもない喜びと興奮が湧き上がってきました。

そう、俗に言う「子供のようにはしゃぐ」自分に気づいたのでした。

そして、もう一つ心を強く打ったのが、あの汽笛の音!!


ぎりぎり銀河鉄道999世代の私は、なんともいえないノスタルジックな気分になり、
泣きそうになるくらいに、胸がいっぱいに。(不測の事態だ~!)


実際の旅は、といいますと、
室内でお弁当を食べたり、末尾の展望席へ移動したり…







途中、仁保駅では、これから迎える坂道のための燃料補給のため、しばし停車。

f0373051_23100808.jpg
蒸気を起こして動力を蓄えるために、石炭をくべる必要があるのです。
乗客はホームに降り、記念撮影におおいに盛り上がっていました。


f0373051_23093382.jpg
津和野までの1時間40分ほどの道中、車外の景色を楽しんだり、トンネルに入ると煙が列車内に流れ込み咳き込んだり、機関車に笑顔で手を振る地域の方々に、手を振りかえしたり…満喫しました。

f0373051_23104135.jpg
(車内はレトロです。客車ごとにテーマが決まっていて、面白いですよ)

4歳の姪っ子も「トーマス!トーマス!」と、喜んでいました。
風情あふれる津和野の町のレポートは、次回へ。

いやはや、なんでも体験してみるものですね。
あんな大きな鉄の塊を、石炭で動かすなんて、本当にすごいです。
童心にもどれるSLやまぐち号の旅。
ほんとうにおすすめです。

butako170

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-15 22:43 | 山口県の見所 | Comments(0)

地上のパラダイス?! 湯田温泉 酒祭

お猪口を1500円で買って、飲み放題!
こんな素敵な祭りが湯田温泉で年に一度、行われます。
f0373051_18542816.jpg
去る10月9日晴天の日曜日。
ロベルトと2人で、湯田温泉酒祭に行って来ました。

1500円で前売りチケットを買っていたので、それを持ってまずは湯田温泉地区の井上公園へ。
そこでお猪口と替えて頂きます。
(当日券は2000円でした)
f0373051_18321002.jpg

butakoたちが到着したのが午後2時過ぎだったので、もう会場はスゴイ盛り上がりでした。
こちらが会場のマップ。
f0373051_18312179.jpg
①~④のポイントで、無料試飲が可能です。
一方A~Tのポイントは、各酒メーカーのブースで、今年一番のお酒を有料で試飲させてくれます。

ご覧ください、朝から祭りに参加されている方々が、いい感じに出来上がっています~★
f0373051_18555135.jpg
無料のブースでは、時間制でよいお酒も出してくれていました。
たとえば、雁木が飲めるのは、11時、14時、16時…のように、時間を決めておき、提供量を限定しています。
でももっとカジュアルなお酒ならば、常時飲むことができるんですね。

f0373051_18583006.jpg
また、湯田地区には、いたるところに足湯があります。
f0373051_19112474.jpg
なのでお酒に疲れたらのんびりと足湯につかり、酔いが醒めたらまた飲んで・・・と一日中、祭りを楽しむことができます。

そしてお酒を飲みながら、フードも楽しむことができちゃいますよ~。
ロベルト、ご満悦で頬ばっているのは、鮎の塩焼き。
f0373051_19003337.jpg
これがまた、日本酒とあうんだなぁ~!
f0373051_19013490.jpg
イベントにちなんだグッズも見逃せません。
f0373051_19025788.jpg
大殿大路にあるアトリエa.p.r.×旭酒造の獺祭ポーチ。
f0373051_19051367.jpg
前掛けを使ったお洒落で使い勝手のよさそうなポーチですね。

また湯田のインフォメーションセンターにある『狐の足跡』の有料足湯もいい感じですよ。
利き酒セット500円を飲みながら、のんびり足湯につかるのも乙なもの。
f0373051_19130492.jpg
夕方になると、参加者はほぼラテン系のノリになってきて、ここは地上の楽園?!と思うほどの楽しさ♪
butakoはこのあと、温泉に入らないといけないので、そんなに酔えなかったのですが、祭りの雰囲気には、大いに酔うことができました。

イタリアでは頻繁に行われるワイン祭りですが、日本ではなかなかお目にかかれません。
年に一度、湯田の町が日本酒で活気づくのは、素敵なことですね。

湯田温泉酒まつり
情報はこちらをご覧ください。

                                     butako

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-14 18:19 | 山口のイベント | Comments(0)

アートふる山口を満喫★

『アートふる山口』にロベルトが参加して、私はそれのお手伝いに大忙しでした。
イベント開催の2日限定のイタリア輸入店Beh che e'?! (ベケ~?!)は、おかげさまで大盛況!
感謝、感謝です。
f0373051_23234938.jpg
ウンブリア州のオリーブオイル、トリュフソース、アロマソルトは、おかげさまで完売。
ロベルトの絵を元に作った絵葉書やメッセージカードも好評でした。
飾っていたロベルトの作品も、素敵だと言って下さる方もいて、反応も良かったです。
f0373051_23285558.jpg
そして何よりも素敵だったのが、地元の方と触れ合うことができたこと。
山口市内外から来た方々と、連絡先を交換したり、お友達になることもでき、少しばかりつながりを持てたことは大きな収穫です。

また、ロベルトと私までが、『着物でアートコンテスト』のモデルとして出場しました!

f0373051_23260173.jpg
こちらのコンサートですが、着物に親しんでもらおうと、着物そのものの新しい着こなしや、着物をリメイクした洋服などを披露するショーです。

ロベルトは、萩から審査員として参加した周布政之助氏に、目をかけて頂き、一緒に記念撮影をしていましたよー。

f0373051_23245891.jpg
刀や脇差のさしかたを指南頂いていました。
着物を着せてもらえるコーナーもあり、かわいい着物姿の女子と一緒にパチリ。

f0373051_23263106.jpg
ロベルトの表情、かなーり目じりが下がってる?

山口市大殿地区のあらゆるところで、2日間に渡り、同時にさまざまなイベントが開催されていました。
アンティーク車をずらりと並べて。

f0373051_23265280.jpg
いくつになっても男子は少年のままねー。

f0373051_23325578.jpg
街角で繰り広げられ竪琴ライアーの演奏もあり、思わず足を止めたりして。

f0373051_23255505.jpg

一の坂川も、色とりどりの布で装飾されています。

f0373051_23242957.jpg
あ、どっかで見た風景…と思ったらRasiglia村のペネロペ祭もこんな感じだったわねー。

f0373051_23370277.jpg

そして 『アートふる山口』の根幹をなすのが展示です。
店舗や、一般の方のお宅を開放し、アートや工芸品を展示&販売しています。

f0373051_23420142.jpg
f0373051_23261550.jpg

丸二日間楽しめるアートふる山口。
本当は山口市と近郊の方だけでなく、県外からも国外からも人が来て欲しいくらい、充実したフェアでした。
おすすめですよー!!

butako170

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-13 23:42 | 山口のイベント | Comments(0)