地上のパラダイス?! 湯田温泉 酒祭

お猪口を1500円で買って、飲み放題!
こんな素敵な祭りが湯田温泉で年に一度、行われます。
f0373051_18542816.jpg
去る10月9日晴天の日曜日。
ロベルトと2人で、湯田温泉酒祭に行って来ました。

1500円で前売りチケットを買っていたので、それを持ってまずは湯田温泉地区の井上公園へ。
そこでお猪口と替えて頂きます。
(当日券は2000円でした)
f0373051_18321002.jpg

butakoたちが到着したのが午後2時過ぎだったので、もう会場はスゴイ盛り上がりでした。
こちらが会場のマップ。
f0373051_18312179.jpg
①~④のポイントで、無料試飲が可能です。
一方A~Tのポイントは、各酒メーカーのブースで、今年一番のお酒を有料で試飲させてくれます。

ご覧ください、朝から祭りに参加されている方々が、いい感じに出来上がっています~★
f0373051_18555135.jpg
無料のブースでは、時間制でよいお酒も出してくれていました。
たとえば、雁木が飲めるのは、11時、14時、16時…のように、時間を決めておき、提供量を限定しています。
でももっとカジュアルなお酒ならば、常時飲むことができるんですね。

f0373051_18583006.jpg
また、湯田地区には、いたるところに足湯があります。
f0373051_19112474.jpg
なのでお酒に疲れたらのんびりと足湯につかり、酔いが醒めたらまた飲んで・・・と一日中、祭りを楽しむことができます。

そしてお酒を飲みながら、フードも楽しむことができちゃいますよ~。
ロベルト、ご満悦で頬ばっているのは、鮎の塩焼き。
f0373051_19003337.jpg
これがまた、日本酒とあうんだなぁ~!
f0373051_19013490.jpg
イベントにちなんだグッズも見逃せません。
f0373051_19025788.jpg
大殿大路にあるアトリエa.p.r.×旭酒造の獺祭ポーチ。
f0373051_19051367.jpg
前掛けを使ったお洒落で使い勝手のよさそうなポーチですね。

また湯田のインフォメーションセンターにある『狐の足跡』の有料足湯もいい感じですよ。
利き酒セット500円を飲みながら、のんびり足湯につかるのも乙なもの。
f0373051_19130492.jpg
夕方になると、参加者はほぼラテン系のノリになってきて、ここは地上の楽園?!と思うほどの楽しさ♪
butakoはこのあと、温泉に入らないといけないので、そんなに酔えなかったのですが、祭りの雰囲気には、大いに酔うことができました。

イタリアでは頻繁に行われるワイン祭りですが、日本ではなかなかお目にかかれません。
年に一度、湯田の町が日本酒で活気づくのは、素敵なことですね。

湯田温泉酒まつり
情報はこちらをご覧ください。

                                     butako

[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-10-14 18:19 | 山口のイベント

アートふる山口を満喫★

『アートふる山口』にロベルトが参加して、私はそれのお手伝いに大忙しでした。
イベント開催の2日限定のイタリア輸入店Beh che e'?! (ベケ~?!)は、おかげさまで大盛況!
感謝、感謝です。
f0373051_23234938.jpg
ウンブリア州のオリーブオイル、トリュフソース、アロマソルトは、おかげさまで完売。
ロベルトの絵を元に作った絵葉書やメッセージカードも好評でした。
飾っていたロベルトの作品も、素敵だと言って下さる方もいて、反応も良かったです。
f0373051_23285558.jpg
そして何よりも素敵だったのが、地元の方と触れ合うことができたこと。
山口市内外から来た方々と、連絡先を交換したり、お友達になることもでき、少しばかりつながりを持てたことは大きな収穫です。

また、ロベルトと私までが、『着物でアートコンテスト』のモデルとして出場しました!

f0373051_23260173.jpg
こちらのコンサートですが、着物に親しんでもらおうと、着物そのものの新しい着こなしや、着物をリメイクした洋服などを披露するショーです。

ロベルトは、萩から審査員として参加した周布政之助氏に、目をかけて頂き、一緒に記念撮影をしていましたよー。

f0373051_23245891.jpg
刀や脇差のさしかたを指南頂いていました。
着物を着せてもらえるコーナーもあり、かわいい着物姿の女子と一緒にパチリ。

f0373051_23263106.jpg
ロベルトの表情、かなーり目じりが下がってる?

山口市大殿地区のあらゆるところで、2日間に渡り、同時にさまざまなイベントが開催されていました。
アンティーク車をずらりと並べて。

f0373051_23265280.jpg
いくつになっても男子は少年のままねー。

f0373051_23325578.jpg
街角で繰り広げられ竪琴ライアーの演奏もあり、思わず足を止めたりして。

f0373051_23255505.jpg

一の坂川も、色とりどりの布で装飾されています。

f0373051_23242957.jpg
あ、どっかで見た風景…と思ったらRasiglia村のペネロペ祭もこんな感じだったわねー。

f0373051_23370277.jpg

そして 『アートふる山口』の根幹をなすのが展示です。
店舗や、一般の方のお宅を開放し、アートや工芸品を展示&販売しています。

f0373051_23420142.jpg
f0373051_23261550.jpg

丸二日間楽しめるアートふる山口。
本当は山口市と近郊の方だけでなく、県外からも国外からも人が来て欲しいくらい、充実したフェアでした。
おすすめですよー!!

butako170

[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-10-13 23:42 | 山口のイベント

ロベルト『アートふる山口』に出展!

10月1日、2日に山口市内で開催される『アートふる山口』で、
ロベルトが小さなブースを任されることになりました。
そこでウンブリア州から取り寄せたオリーブオイルトリュフソース、ハーブソルト、アレンジ蝶ネクタイなどを販売します。
f0373051_22325155.jpg
場所は竹工房Bさんの屋外です。
土曜日の14時~16時半は赤レンガにて、『きものアートコンテスト』のショーに出演予定ですので、本人に会いたい方は、時間をはずしてください。
ファッションショー、見に来てくれても大歓迎です!

雨天でも開催しますので、近くにお住まいの方は是非、お立ち寄りくださいませ!

ここでちょっと、こだわりの品々のご紹介~★
f0373051_22371409.jpg

<オリーブオイル>

商品名:SUPREMO スプレーモ
生産者:APROL Perugia

オリーブ品種:モライヨーロ、フラントイオ、レッチーノ

味:切り立てのハーブ、かすかに苦アーモンドの香り
*飲み込んだ後に、ピリッとした辛みを感じるウンブリアらしいオイルです。

料理:豆料理、ブルスケッタ、赤味のステーキ、冷奴にかけても美味です。

あのAPROLペルージャの責任者ジュリオ・スカトリーニ氏監修のオイルなので、味は間違いなしです!





そして、Urbani社のトリュフソース
f0373051_22484222.jpg
Sugo prontoなので、茹でたてのパスタを絡めるだけで、美味しいトリュフ風味のパスタの出来上がり。
卵に入れてオムレツにしてもよし!

当日は、オリーブオイルやトリュフソースの試食もあります。
どうぞ多くの方にウンブリアの味覚が届きますように。
ロベルト、がんばって~。

butako170

[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-09-29 22:20 | 報告

日本のふるさと風景、みーっけた!(山口市仁保の秋)

butakoの仕事の一つに、山口市を知るという大切なミッションがあります。
昨日は、『仁保の郷(にほのさと)』と『雪舟庭』に行ってまいりました。

仁保が本当に素敵で…。
f0373051_23082794.jpg
これぞ日本の秋!という景色にたくさん遭遇しました。
現在、彼岸花(ひがんばな)まっさかりでございます。

f0373051_23253335.jpg彼岸花というと、なぜか『ごんぎつね』を思い出します。
日本の原風景なんでしょうが、昔話でもない。


大正、昭和初期のノスタルジーとごんぎつねと彼岸花がなぜか結びつくからかしら。



花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」。
「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。




さて、そんな彼岸花たちを横目に、道の駅『仁保の郷』に到着しました。
期待していた野菜の市ですが、着くのがお昼前になってしまい、ほとんど完売状態でした。



f0373051_23262514.jpg
朝早く行くと、たくさんあるそうなので、安くて新鮮な野菜を求めて、多くの方が来るのだと実感。

さて、気を取り直して、ランチを頂きました。
豆腐と地鶏の定食をチョイス。
f0373051_23182813.jpg
地元のお豆腐屋さんが作った揚げ豆腐は、美味しかったです。
さてさて、帰りにおみやげ物エリアに寄って、お餅を買って帰りました。
f0373051_23210658.jpg
地産の商品がたくさん!
本当にたくさんあって、目移りするほど。
農家の方々のがんばりを垣間見ましたねー。
f0373051_23193572.jpg
商品の簡単な説明を、名刺大の紙に印刷してあるのも良かったです。
今日は買って帰らないけど、次回は…と思い出すきっかけにもなりますし。
f0373051_23210691.jpg
仁保の郷、なかなか良かったですよ!
f0373051_23210647.jpg
なんとコラトゥーラもあったのですが、麹を配合していて日本らしい改良の仕方ですね。
いつか味見してみたいなぁ。

butako170

[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-09-28 23:06 | 山口市の見所

ロベルト、あこがれのサムライになりきり!

butakoの夫ロベルトが、本日、私の職場に来て、サムライのコスプレ体験をしていきました
f0373051_22323362.jpg
ごらんあれ、このドヤ顔。
すっかりなりきりサムライでございます。

本当にイタリア人ってコスプレ好きなんですよねー。
ウンブリアは『中世の祭』がいろんな町で開催されますが、みんな、ヘアスタイルもばっちり決めて、タイムスリップしたみたいにしっかりと仮装するんだから。
f0373051_22322474.jpg
ロベルトも刀と脇差をさしてもらい、いざ、十朋亭にて記念撮影。
(スマフォでカシャッ)
f0373051_22324010.jpg
いつかイタリアのお友達と一緒に、イタリアン侍衆を結成して、写真を撮って下され。
今日、さっそくfacebookに侍コスプレをアップしていましたが、イタリアの友人からも結構な反響がありました。
それがやっぱり嬉しかったみたい★

この夫、小さい頃から日本への憧憬が半端なく、いつか日本に住む!と密かに抱いていたらしい。
周りからも「いつか日本に住むんじゃない」と冷やかされていたみたいです。

その憧れの日本生活が始まって、今日で1週間。
f0373051_22322437.jpg
古い街並みが残る山口市を、すごく気に入っています。
「播磨町とは違う」
そりゃあ、播磨町はベットタウンで、40年前に開拓された町だからねー。

ウォシュレットもなく、洗面所にお湯もでない古い家屋ですが、畳を愛で、布団生活もすっかり慣れたもよう。
私が買ってあげたスマフォを片手に、喜々として写真を撮り、せっせとfacebookにアップしています。
f0373051_22321936.jpg
f0373051_22321946.jpg


そのうち、ホームシックになるかも、と懸念を抱くbutakoですが、まずは山口の町や住居が気に入ってくれて、良かった。
言葉がしゃべれないので、ぼちぼちと日本語も学ばなければなりませんが、butakoの父親が重荷を持ってくれているので、来週あたりからbutakoパパとSkypeでレッスンが始められそうです。

がんばれロベルト。
私もあまりあなたに構わないように、がんばるから。
(気を抜くと過保護になるbutako。悪い癖。)

今週末は『アートふる山口』に参加する予定です。
夫婦力をあわせて、ウンブリアのオリーブオイルを売りたいと思います!!

大路ロビーでは、袴や維新のコスチュームの貸し出しをしています!
維新deコスプレ
10時~17時 火曜休
料金 30分200円  2時間500円
サイズ 身長に合わせて、3種類ご用意しております。
    こども用 身長130㎝くらい  
      ※はかまなしだと、もう少し小さい子も大丈夫です。
    大人用(M) 身長150センチ~
    大人用(L) 身長165センチ~
詳しくは、大路ロビー までお問い合わせください。


[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-09-28 22:30 | イタリア人おっと観察