維新史跡 十朋亭(じっぽうてい)

十朋亭(じっぽうてい)。

f0373051_1553512.jpg

ここは、私の主な職場大路ロビーの向かい側にあり、訪問者が来た場合、案内することになっています。
本日は、お客様が来たのに、相方のKさんにお任せしてしまい、何もできなかったbutako。

明日からはしっかりと説明できるように、今日は十朋亭の紹介をしたいと思います。
(書いて覚えます!)

f0373051_15574160.jpg
十朋亭(じっぽうてい)は、山口の有力商人で醤油業を営む萬代家(ばんだいけ)の離れ座敷として、享和年間(1800年ごろ)に建てられました。
大部分は当時のままで、近世の民家建築の様式を目の当たりに出来る、貴重な建物です。

実際に、私も先週日曜日に訪れました。

雰囲気のある木造の門をぬければ、アプローチが少しあり、建物内の玄関門をくぐります。
(どんだけ門をくぐるのか)

この日は、土日祝日にいらっしゃる案内人のYさんがいらっしゃったので、いろいろガイドをしていただきました。

建物の所有者は萬代家。
f0373051_15581593.jpg

代々醤油製造を業とする豪商萬代家の離れとして建てられたものです。
当時、山口では藩も一目を置くほど栄えていました。

幕末期、長州藩主 毛利敬親が、萩から山口へ藩庁を移した際、萬代家が藩の役人たちの宿泊所となり、当主・萬代利兵衛が志士達の活動を援護していたことから、多くの来客があったと伝えられています。

桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、大村益次郎など、維新の志士の名が連なります。また、*長州ファイブの一員の伊藤博文が、この十朋亭を宿とした記録も見られます。

*長州ファイブ(長州五傑)と呼ばれ、幕末に長州藩から派遣されてヨーロッパに秘密留学した、井上聞多(井上馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(伊藤博文)、野村弥吉(井上勝)の5人


十朋亭はもともとは茶室でした。
f0373051_15585178.jpg

六畳間、四畳半と分かれており(butako宅と同じ間取り!)、雨戸を隠すための飾り扉があったり、ものを掛けるためのフックが、押し出し式になっていたり(なので必要ない時は見えない)、シンプルでモダン、これぞ和の骨頂といったところでしょうか。
f0373051_1601229.jpg

f0373051_16123349.jpg


また縁側の外壁には丸い窓あり、この窓から眺めると、遠くの山が借景のように収まり、1枚の絵を見ているよう。(現在は、塀とビルでさえぎられていますが)

f0373051_1651711.jpg

(出入り口付近にある提灯入れ。たしか街灯のない時代。提灯は必需品です。)

本当に粋な茶室です。

一方、その向かいに建つのは、別の離れで、伝杉私塾です。
f0373051_1622165.jpg

そう、ここでは、杉民治(すぎみんじ):吉田松陰の兄が、維新後の一時期、塾を開いたとされています。
杉民治は、藩および山口県に明治9年まで勤めていました。
吉田松陰に連座して、免職になることもありましたが、民政に尽くしたことから、同2年(1869年)に、藩主より「民治」の名を拝領しました。
後に萩で、松下村塾を再興し、また修善女学校長となるなど、子女の教育にも努めました。

大路ロビーから徒歩1分の十朋亭、是非訪れてみませんか?
是非9月中に!!

というのも10月3日から、2年間の修復工事に入るため、閉館してしまうのです。

山口に行く予定の方、山口に在住でまだ行ったことのない方は行きましょう。
入場は無料ですよー。

十朋亭
場所:山口市下竪小路112番地1
時間:10:00~17:00
入館料:無料
休館日:火曜休館(祝日の場合は翌日)
[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-09-07 15:55 | 山口市の見所 | Comments(0)

初出勤を迎えて

皆さん、9月1日といえば、学生さんは新学期ですよね。
あー、まだ宿題終わってないよぉ、と高校時代だったら教科によっては、そんなこともあったかも。

butakoにとっては、9月1日が山口市役所への初出勤日!!
当日は、緊張のためやや寝不足気味でしたが、始業の15分前には、オフィスに到着しました。
しかしながら、せっかく実家で買った手土産を(玄関先に置いていたのに)、ものの見事に忘れてしまいましたが…。
やはり、テンパっていたか、butakoくん。

私の所属する『ふるさと創生部観光交流課』の朝礼では、皆さんの前で紹介を頂き、その後、創生部の他課にも挨拶をして回りました。
オフィスには、きちんとbutakoのデスクもあります。

その後、4日勤務のうちの3日は出勤する『大路ロビー』へと着任式のために、課長とSさんとともに向かいました。

f0373051_22162141.jpg

写真:畑谷友幸氏

本来は市役所の会議室で着任式をするのが通常だそうですが、そこは観光交流課。

マスコミの囲み取材もあるそうなので、
どうしたら街が効果的にPRできるかを考えて、
歴史地区内の情報発信地 『大路ロビー』を、選んだともいえます。

f0373051_2220032.jpg


写真:畑谷友幸氏

無事に委嘱状も部長より受け取り、囲み取材のため1時間ほど語らせていただきました。
来てくださったマスコミのは4紙。
翌日9月2日には、毎日新聞や山口新聞などに掲載されました。

f0373051_22173885.jpg

2016年9月2日 山口新聞 朝刊より

その日は定時に自宅に帰り、19時から大路ロビーの定例会に参加し、秋の行事についての話し合いを見学しました。(ある企画を任されるようです。がんばります。)

長い一日でしたが、充実していました。
明日は金曜日!
ということで金、土、日と3連休のbutakoにとっては、また休みです。
家のことをやったり、ブログを書いたり、人と会ったりするつもり。

早く地元になじみ、多くの方とお知り合いになりたいと思います。

butako170

【大路ロビー】サイト
200円~維新のコスプレできます!

〒753-0093 山口市大殿大路133-1 
TEL: 083-920-9220 
E-mail: info@ojilobby.jp
開館・営業時間:10:00~17:00 
定休日:火曜日、お盆、年末年始
運営:NPO 大路小路まち・ひとづくりネットワーク

【中部イタリアのくらし】
イタリアで過ごした11年間を記した食ブログ
『butakoの2年間の休暇』
[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-09-02 22:10 | 近況 | Comments(2)

Butako福岡へ! はじめてジモティーを利用する

8月27日(土)

本日は、待望のダイニングテーブルと冷蔵庫を取りに、軽トラックで福岡まで行って来ました。
f0373051_23484051.jpg


…と書きつつ、実は、冷蔵庫に限っては、クロネコヤマトの『大型家具家電配送』で、直前にお願いしました。
というのも、トラックに積んだりするのに人手がいるし、ロープのかけ方もまったく知らないことに、数日前に気づいたからです。(トホホ)

しかも冷蔵庫って45°以上傾けたらいけないって知っていました?
これを聞いて一気に運ぶ自信がなくなりました。

当初、冷蔵庫ありきで、どうせ福岡まで行くのならと、ジモティーというサイトを通して、ダイニングテーブルや電球の笠などを依頼したのですが、
冷蔵庫を取りやめたので、なんのこっちゃ…と思いつつ、もうジモティーのアポも断れない段階に来ていました。

それに待望の…と書くほどダイニングテーブルが魅力的で、これを取りに行くためだけにガソリン代と高速代を払っても惜しくない、とは思っていました。

ジモティーは、ペルージャの親友Tさんが教えてくれたサイトなのですが、要らないものを無料であげたり格安で譲ったりするお知らせコミュニティです。
残念ながら山口市の市場はあまり円熟しておらず、出されているモノが少ない(涙)
しかし福岡や広島まで行けば、結構素敵な家具や小物を格安で手に入れることができます。

前置きが長くなりました。

一方の冷蔵庫の持ち主は、Yちゃん。
3年前から福岡県糸島市に住んでいて、野菜を作る農家さんです。
結局クロネコに運搬は頼んだのですが、福岡市に行くついでにYちゃん宅にも行くことにしました。

これが山口市のある職場でお世話になるであろう方が貸してくださった軽トラ。
なんとエアコン付きで快適です。
f0373051_23533326.jpg

でもマニュアル車だったので、日本車の左手でのギアチェンジに慣れていなくて、ちょっとてこずりました。
(イタリアのギアは右手で操作)

道先案内は、Google maps様に一任。
はじめて使ったけど、これが本当に秀逸なんです。
(ただし、最新のバージョンはアナウンスの女性の声が機械的になったと不評らしい)
携帯を置くところがなかったので、マスキングテープで風向口付近に固定しました。
f0373051_23522520.jpg


レッツラゴー!

途中、王司ドライブインに寄って、お土産を購入。
f0373051_2352430.jpg

福岡市内の都市高速線、若干複雑だったけど、ナビのおかげで快走。

f0373051_23525531.jpg

そして糸島市に到着しました。

久しぶりのYちゃん。
10年前、フィレンツェで料理修行を行っている際に出会いました。
f0373051_23564958.jpg

彼女は靴職人として修行に励んでいた時代です。

到着時刻が12時15分…ということでランチを冷蔵庫にあるもので、ぱぱっと作ってくれました。
f0373051_23563011.jpg

自家製の茄子の煮浸しやウリの奈良漬が絶品でした~。
ご飯お代わりしちまった★
その後の身の上などを語り合っていたら、あっという間に時間は過ぎ…。
ジモティの受け渡しの約束があったので、糸島を後にしました。

福岡市薬院のコンビニで待ち合わせし、ある女性から電気のシェードを購入しました。
f0373051_23513027.jpg

(しかも電球付)
800円でおしゃれなシェードをゲット!
これは台所にあうだろうなぁ、とイタリア語ガイド検定に行く電車の中で思い、話をまとめたのだった。スマフォがあるので、本当に便利ですよねー。

薬院の後は、福岡空港方面にある金の隈地区へ。
向かった先はリサイクルショップです。
そこで、お目当てのダイニングテーブルとイス2脚のセットを10800円で購入しました。
f0373051_23504077.jpg

イタリアのウーディネにあるcalligarisというメーカーです。
ちょっと古いモデルのようですが、当時は15~20万円くらいで購入したのでしょうね。

伸長式で広げると6人くらい座れそうです。
f0373051_2351446.jpg

個性的でシンプルないすが2脚付いているのも、決め手でした。

リサイクル屋さんなので、それ以外にもいろいろとあり、早速物色をします。
そこで食器棚が来るまでの中継ぎとして、キャスターつきのラックを850円で。
ボックス型の本棚、大きなツル性の箱2つ、アジアンテイストのライト、小鍋などを購入し、ダイニングテーブルとあわせて13000円でディスカウントしてもらっちゃいました。

そして嬉しいのが、店の人がそれらのものを、軽トラに並べて、動かないようにロープをかけてくださったこと!
その手つきの鮮やかさといったら!!
f0373051_23494875.jpg

おかげで、帰りの道中もまったく荷物がはずれることなく、安心して高速道路で帰ることができました。

朝9時に山口を出発し、山口の家に着いたのが18時45分。
それから荷解きをして、家に持って上がり(テーブルの移動に骨が折れた)、軽トラを所定の位置に返した時は、20時になっていました。
本日の走行距離400km。
初めての軽トラ、初めての道でしたが、事故もなく、無事に任務を遂行できて、本当に満足です。

さてさて、ダイニングテーブルのおかげで、やっとご飯がテーブルで食べられますね!
そして明日は冷蔵庫がやってきます。
一歩ずつ前進。
ぼちぼち家の保全をしていくぞ~!!
                                butako170
[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-08-27 23:39 | 自宅&DIY | Comments(0)

ご来山・・・ 初日はこうして過ごした。

8月25日(木)

本日、山口市に到着しました。
f0373051_21114353.jpg

山口駅では、山口市 観光交流課のSさんが、迎えに来てくださっていました。
Butakoはスーツケース1つとPC2台、一眼レフの入ったリュックサック、その他もろもろのかなりの大きな荷物を持っての旅でした。

この日から住めるように、とSさんが、ガスや水道、電気の契約を済ませてくださっていたので、あとは、布団とガスコンロを買うと、夜を過ごすことができます。
(きょうび、コンビニがあるのでガスコンロも必要ないくらいです)

送迎の足で、新居には寄らずに、布団を買いに行きました。
Sさんはあらかじめ段取りをしてくださっているので、私はそれにしたがってモノを選ぶだけ~♪
本当にしっかりとした方で、もう感謝感謝です!

Butakoが唯一気をつけたことと言えば、なるべく効率よく買い物ができるように
『悩まずに10分以内に決める』こと!
結構、優柔不断だから(汗)
でもがんばりましたよー。

f0373051_21134796.jpg

(カーテンは翌日選びました)

そんなこんなで、ガスコンロを選んだついでに、扇風機とトースターを購入しました。
ちなみに、洗濯機、炊飯器、テレビはSさんがあらかじめ購入してくださって、取り付けも済ませてくれていました。
なんとテレビは配線も完了。(でもまだ見れなかったけど)

f0373051_21122847.jpg

ちなみに冷蔵庫は今週末の土曜日に、福岡県の糸島市の友人宅に取りに行くように、手配しています。
(写真は後日撮ったもの)

そうなんです!
家財道具など、最低限の生活ができるよう、市の予算があてがわれているのです。
が、しかーし。
予算に限りがあるので、すべての道具を市の負担で購入するのは不可能。
また、最大2年半の任期を終えた後は、予算で購入したものは、市に返さなければなりません。

なので、何を自前にするかどうか、配分も考えねばなりません。

ロベルトがこの古い家に恋してしまったがゆえ、『畳を張り替える』ために、市の予算を使わざるを得ませんでした。
余分な出費が…。

あんなウネウネの畳じゃ、生活できない…とbutakoが言っても、
ロベルトはいまいちピンと来てなかったけどもね。
(イタリアーノは畳がどんなものなのか知らんのじゃろう。)

さてさて、最低限の必需品はそろいました。
でも、ちゃんとした机とイスがないから、ご飯を食べるのもダンボール机にお風呂用のイスなんですよー。

しかしこの土曜日には、福岡までダイニングテーブルとイスを取りに行くので、そんな生活ともおさらばです。
数日の我慢なり!

山口市初日のレポートはこんな感じです。
9月末にロベルトが来るまでは、古い家に一人ぼっち。
寂しいような、怖いような。
すぐに慣れることを願います~。

                         Butako170
[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-08-25 20:45 | 近況 | Comments(0)

イタリア人が住む(予定の)純和風の家 in山口

こちらの内容は、2016年8月1日付けの『butakoの2年間の休暇』でお伝えした内容をコピーしたものです。
新情報もアップしていきたいと思いますので、お楽しみに!

f0373051_11193173.jpg


*********

7月に日本に帰国中、実は山口市へ行っていました。
理由は、8月末から住み始める家の下見です。

9月からお世話になる山口市観光課の方と、見学する家をいくつか回りました。
あらかじめ、観光課の方が候補を出していてくれていて、私がさらに絞り込んで4軒を見学したのですが・・・。

ロベルト183cm、butako170cmと、でかいコンビなので、間取りが大きめのものをチョイス。
ただ、市の想定していた赴任用の住宅は『1人住まい』を前提としていたので、予算内の物件は、狭いか古いか・・・といったところ。

でも、まぁ、あまり贅沢は言っていられないし、雨露さえしのげたら、と思っていました。


結構気に入った物件。

家の中の設備が綺麗。
でも若干狭いかなぁ。


どこも「帯に短し、たすきに長し」だわね、と思い、候補の3軒(4軒の物件はカップルお断りということで土壇場で断られる)を全部見終わったのですが、ロベも私もどうも、いまいちピンと来ずに、終了しました。

見ることが叶わなかった4軒めは、一の坂川沿いの閑静な住宅街。
f0373051_1120746.jpg


春は桜、初夏は蛍が楽しめます。
ロベルトは一目でこの地域が気に入ったのですが・・・。
このままだと今日見た3軒から決めないといけないかしらねぇ。

と、そのとき、観光課の方が、butakoさんが働く予定の大路ロビー(大殿地区のふれあいロビー)へ行ってみませんか?
との提案で、ご挨拶もかねて伺うことにしました。

そこで9月からご一緒させていただく、KさんとSさんにご対面。
挨拶早々、家探しの報告をお二人にしているなかで、ロベルトが「せっかくだから日本家屋の一軒家に住みたい」と言い出しました。

Kさん、まさかそんな物件ご存知ないわよね?
と、新参者なのにずうずうしいbutako。

「ちょっと待ってくださいねー。」
なんとしても力になりたい・・・と、大路ロビーのリーダー的存在のHさんに電話でヘルプを求めたところ、Hさんが、速攻飛んで来てくださったのでした。

幾つかの候補があがったなかで、立地も内容も価格もピシャリな一軒を発見!!
翌日、その家を見せていただくことになりました。

その家というのが、こちら。
f0373051_113096.jpg


ロベルトが一目惚れしてしまった物件です。
縁側がある完全一軒家です。

6畳と4畳半の和室と、廊下を挟んで台所が。
f0373051_113122.jpg


勝手口が2つあり(!)そこを出ると透明なトタンを張った裏手のスペースがあり、でっかい二人が住んでも、圧迫感はなさそうです。

なによりもロベルトが気に入ったのはすばらしい日本庭園。
f0373051_11283485.jpg


家主さんが同じ敷地内に住んでいるので、お庭は手入れが行き届いており、これぞ『ザ・ニホン』なたたずまいです。
f0373051_11294166.jpg

ロベルトが夢中になるのも分かるわ~。

しかし、その和室も畳は波打ち、天井は隙間があり、風の日は埃が落ちてくると言います。
洗面所は、お湯は出ないし、ウォシュレットもない。
お風呂は脱衣所が狭く、浴槽も狭く、追い炊き機能もついていない。

現在の一般的な家の常識からしたら、ないないづくしです。

観光課の方には、

畳は張り替えますよ。
ケーブルテレビもなければひきますので、そこは大丈夫です。
butakoさんが家でも集中して仕事できる環境かどうかで決めてください。

と言われました。

そりゃそうだ。

そこで一度この案件は持ち帰って、ロベとよーく話をして決めた・・・と言いたいところですが。

ロベが『恋は盲目』状態で、この家でないと僕はホームシックで発狂する、とか言い出す始末。
おまえは子供か~!!と思いつつも

「たしかに日本のアパートは狭いし、周りは画一的な住宅ばかりだし、ロベの言うことも一理あるかな」と私も考え直し、なによりも、小さい工夫を積み重ねて住むのも悪くないなぁ、とbutakoのチャレンジ精神がメラ~と燃えてきたので、こちらの物件にすることにしました。
(単にロベルトに根負けしたという説も)

仕事はPCと机があればできるので、そのあたりは心配ないですね。
集中したいときは6畳間と4畳半の間のフスマを閉めることで解決ですし。

ということで、これから市のほうで、畳の張替えと予算内での家財道具の調達をしていただきます。
ちょっと、いや、かなりワクワクしてきた新居への引越しです。

原状回復が条件なのですが、そのなかでも住みやすく変えて行きたいと思います。

                           butako170
[PR]
# by yamaguchi-sosei | 2016-08-24 11:26 | 自宅&DIY | Comments(0)