タグ:イタリア人 ( 3 ) タグの人気記事

ロベルト『アートふる山口』に出展!

10月1日、2日に山口市内で開催される『アートふる山口』で、
ロベルトが小さなブースを任されることになりました。
そこでウンブリア州から取り寄せたオリーブオイルトリュフソース、ハーブソルト、アレンジ蝶ネクタイなどを販売します。
f0373051_22325155.jpg
場所は竹工房Bさんの屋外です。
土曜日の14時~16時半は赤レンガにて、『きものアートコンテスト』のショーに出演予定ですので、本人に会いたい方は、時間をはずしてください。
ファッションショー、見に来てくれても大歓迎です!

雨天でも開催しますので、近くにお住まいの方は是非、お立ち寄りくださいませ!

ここでちょっと、こだわりの品々のご紹介~★
f0373051_22371409.jpg

<オリーブオイル>

商品名:SUPREMO スプレーモ
生産者:APROL Perugia

オリーブ品種:モライヨーロ、フラントイオ、レッチーノ

味:切り立てのハーブ、かすかに苦アーモンドの香り
*飲み込んだ後に、ピリッとした辛みを感じるウンブリアらしいオイルです。

料理:豆料理、ブルスケッタ、赤味のステーキ、冷奴にかけても美味です。

あのAPROLペルージャの責任者ジュリオ・スカトリーニ氏監修のオイルなので、味は間違いなしです!





そして、Urbani社のトリュフソース
f0373051_22484222.jpg
Sugo prontoなので、茹でたてのパスタを絡めるだけで、美味しいトリュフ風味のパスタの出来上がり。
卵に入れてオムレツにしてもよし!

当日は、オリーブオイルやトリュフソースの試食もあります。
どうぞ多くの方にウンブリアの味覚が届きますように。
ロベルト、がんばって~。

butako170

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-09-29 22:20 | 報告

ロベルト、あこがれのサムライになりきり!

butakoの夫ロベルトが、本日、私の職場に来て、サムライのコスプレ体験をしていきました
f0373051_22323362.jpg
ごらんあれ、このドヤ顔。
すっかりなりきりサムライでございます。

本当にイタリア人ってコスプレ好きなんですよねー。
ウンブリアは『中世の祭』がいろんな町で開催されますが、みんな、ヘアスタイルもばっちり決めて、タイムスリップしたみたいにしっかりと仮装するんだから。
f0373051_22322474.jpg
ロベルトも刀と脇差をさしてもらい、いざ、十朋亭にて記念撮影。
(スマフォでカシャッ)
f0373051_22324010.jpg
いつかイタリアのお友達と一緒に、イタリアン侍衆を結成して、写真を撮って下され。
今日、さっそくfacebookに侍コスプレをアップしていましたが、イタリアの友人からも結構な反響がありました。
それがやっぱり嬉しかったみたい★

この夫、小さい頃から日本への憧憬が半端なく、いつか日本に住む!と密かに抱いていたらしい。
周りからも「いつか日本に住むんじゃない」と冷やかされていたみたいです。

その憧れの日本生活が始まって、今日で1週間。
f0373051_22322437.jpg
古い街並みが残る山口市を、すごく気に入っています。
「播磨町とは違う」
そりゃあ、播磨町はベットタウンで、40年前に開拓された町だからねー。

ウォシュレットもなく、洗面所にお湯もでない古い家屋ですが、畳を愛で、布団生活もすっかり慣れたもよう。
私が買ってあげたスマフォを片手に、喜々として写真を撮り、せっせとfacebookにアップしています。
f0373051_22321936.jpg
f0373051_22321946.jpg


そのうち、ホームシックになるかも、と懸念を抱くbutakoですが、まずは山口の町や住居が気に入ってくれて、良かった。
言葉がしゃべれないので、ぼちぼちと日本語も学ばなければなりませんが、butakoの父親が重荷を持ってくれているので、来週あたりからbutakoパパとSkypeでレッスンが始められそうです。

がんばれロベルト。
私もあまりあなたに構わないように、がんばるから。
(気を抜くと過保護になるbutako。悪い癖。)

今週末は『アートふる山口』に参加する予定です。
夫婦力をあわせて、ウンブリアのオリーブオイルを売りたいと思います!!

大路ロビーでは、袴や維新のコスチュームの貸し出しをしています!
維新deコスプレ
10時~17時 火曜休
料金 30分200円  2時間500円
サイズ 身長に合わせて、3種類ご用意しております。
    こども用 身長130㎝くらい  
      ※はかまなしだと、もう少し小さい子も大丈夫です。
    大人用(M) 身長150センチ~
    大人用(L) 身長165センチ~
詳しくは、大路ロビー までお問い合わせください。


[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-09-28 22:30 | イタリア人おっと観察

イタリア人が住む(予定の)純和風の家 in山口

こちらの内容は、2016年8月1日付けの『butakoの2年間の休暇』でお伝えした内容をコピーしたものです。
新情報もアップしていきたいと思いますので、お楽しみに!

f0373051_11193173.jpg


*********

7月に日本に帰国中、実は山口市へ行っていました。
理由は、8月末から住み始める家の下見です。

9月からお世話になる山口市観光課の方と、見学する家をいくつか回りました。
あらかじめ、観光課の方が候補を出していてくれていて、私がさらに絞り込んで4軒を見学したのですが・・・。

ロベルト183cm、butako170cmと、でかいコンビなので、間取りが大きめのものをチョイス。
ただ、市の想定していた赴任用の住宅は『1人住まい』を前提としていたので、予算内の物件は、狭いか古いか・・・といったところ。

でも、まぁ、あまり贅沢は言っていられないし、雨露さえしのげたら、と思っていました。


結構気に入った物件。

家の中の設備が綺麗。
でも若干狭いかなぁ。


どこも「帯に短し、たすきに長し」だわね、と思い、候補の3軒(4軒の物件はカップルお断りということで土壇場で断られる)を全部見終わったのですが、ロベも私もどうも、いまいちピンと来ずに、終了しました。

見ることが叶わなかった4軒めは、一の坂川沿いの閑静な住宅街。
f0373051_1120746.jpg


春は桜、初夏は蛍が楽しめます。
ロベルトは一目でこの地域が気に入ったのですが・・・。
このままだと今日見た3軒から決めないといけないかしらねぇ。

と、そのとき、観光課の方が、butakoさんが働く予定の大路ロビー(大殿地区のふれあいロビー)へ行ってみませんか?
との提案で、ご挨拶もかねて伺うことにしました。

そこで9月からご一緒させていただく、KさんとSさんにご対面。
挨拶早々、家探しの報告をお二人にしているなかで、ロベルトが「せっかくだから日本家屋の一軒家に住みたい」と言い出しました。

Kさん、まさかそんな物件ご存知ないわよね?
と、新参者なのにずうずうしいbutako。

「ちょっと待ってくださいねー。」
なんとしても力になりたい・・・と、大路ロビーのリーダー的存在のHさんに電話でヘルプを求めたところ、Hさんが、速攻飛んで来てくださったのでした。

幾つかの候補があがったなかで、立地も内容も価格もピシャリな一軒を発見!!
翌日、その家を見せていただくことになりました。

その家というのが、こちら。
f0373051_113096.jpg


ロベルトが一目惚れしてしまった物件です。
縁側がある完全一軒家です。

6畳と4畳半の和室と、廊下を挟んで台所が。
f0373051_113122.jpg


勝手口が2つあり(!)そこを出ると透明なトタンを張った裏手のスペースがあり、でっかい二人が住んでも、圧迫感はなさそうです。

なによりもロベルトが気に入ったのはすばらしい日本庭園。
f0373051_11283485.jpg


家主さんが同じ敷地内に住んでいるので、お庭は手入れが行き届いており、これぞ『ザ・ニホン』なたたずまいです。
f0373051_11294166.jpg

ロベルトが夢中になるのも分かるわ~。

しかし、その和室も畳は波打ち、天井は隙間があり、風の日は埃が落ちてくると言います。
洗面所は、お湯は出ないし、ウォシュレットもない。
お風呂は脱衣所が狭く、浴槽も狭く、追い炊き機能もついていない。

現在の一般的な家の常識からしたら、ないないづくしです。

観光課の方には、

畳は張り替えますよ。
ケーブルテレビもなければひきますので、そこは大丈夫です。
butakoさんが家でも集中して仕事できる環境かどうかで決めてください。

と言われました。

そりゃそうだ。

そこで一度この案件は持ち帰って、ロベとよーく話をして決めた・・・と言いたいところですが。

ロベが『恋は盲目』状態で、この家でないと僕はホームシックで発狂する、とか言い出す始末。
おまえは子供か~!!と思いつつも

「たしかに日本のアパートは狭いし、周りは画一的な住宅ばかりだし、ロベの言うことも一理あるかな」と私も考え直し、なによりも、小さい工夫を積み重ねて住むのも悪くないなぁ、とbutakoのチャレンジ精神がメラ~と燃えてきたので、こちらの物件にすることにしました。
(単にロベルトに根負けしたという説も)

仕事はPCと机があればできるので、そのあたりは心配ないですね。
集中したいときは6畳間と4畳半の間のフスマを閉めることで解決ですし。

ということで、これから市のほうで、畳の張替えと予算内での家財道具の調達をしていただきます。
ちょっと、いや、かなりワクワクしてきた新居への引越しです。

原状回復が条件なのですが、そのなかでも住みやすく変えて行きたいと思います。

                           butako170
[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-08-24 11:26 | 自宅&DIY