タグ:山口 ( 8 ) タグの人気記事

山口はお魚天国♪

山口市に来て、良かったと思ったことは、お魚が新鮮で手ごろに求められること。
とくにbutakoがひいきにしているのは、中心商店街の一角、中市商店街の新鮮市場内にあるお魚屋さんです。
f0373051_19520377.jpg
ここで3000円のお魚の盛り合わせを作ってもらったときがすごかった!

予約の電話をしたのが14時すぎだったので、「午後は魚の品揃えが悪いよ」と言われたのにもかかわらず作ってくださったのが、この盛りです。
f0373051_19424591.jpg
これには兵庫県に住む私の妹家族も喜んでくれました。
(注:漁や季節、魚の時価によって盛りが違ってきます)

これに感激して、友人が我が家に来るときには、刺身の盛り合わせを頼むようになりました。
グルメなみなさんですが、どなたも感動してくれました。

そこで年末に、同じ感覚で「お刺身を2000円分でお願いします」とお願いし、
期待しながら取りに行ったのですが、ショックを受けてしまいました。

なんと年末年始は、漁をしないらしく、
ブリの柵が1本だけ。
(でも重さからいうと、2000円で半身だったので、すごいボリュームですが)

えー、お正月に刺身の盛り合わせって、山口じゃ、難しいの?!
と不満に思ったのですが、漁にでないんじゃ、しょうがない。

でも、そのクオリティの高さにびっくりしました。
まず、切り口がヘタってなくて、角がピンとたっています。
そして脂が十分のっていて、でもしつこくなく、上品なのに豊潤なお味!!

元旦は、お刺身で満喫し、
f0373051_19531884.jpg
翌日は、漬けにしてブリ丼にして楽しみ、
f0373051_19533721.jpg
三日目はアラ炊きにしました。
f0373051_19535088.jpg
三が日ブリ三昧でしたが、調理の仕方を替えたので、三様に楽しめて、とても満足~。
ブリは今が旬。
そして『出世魚』であることから、お正月には好んで食べられるのだそうですね。
(butakoの実家では、明石の魚の棚でお願いした鯛の姿焼きでした。場所が変わったら当然食べ物も変わります)

ロベルトもブリ料理に舌鼓。
もともと和食好きですが、おおいに喜んでくれました。

ロベが足を怪我したのが11月末日。
痛みや腫れがあり、松葉杖なしでは過ごせない不自由な毎日ですが、せめて美味しいご飯を食べて、楽しみを見つけないとね。
山口の食で、butakoなりに応援してますよー。
f0373051_19540045.jpg

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2017-01-05 19:16 | 山口の食

大殿 あかりさんぽにむけて その1 ヒンメリとの出会い

配属先の大路ロビーでは、毎年、クリスマスのある12月には、大殿大路と竪小路の一部をイルミネーションするそうです。
そのイルミネーションこそが『大殿あかりさんぽ』
大路ロビー配属後のbutakoの大仕事は、あかりさんぽの企画をすること!
f0373051_22121208.jpg
さてさて、ロビーのメンバーのアイデアで、今年は、イルミネーションとともにヒンメリを飾ることになりました。
ヒンメリとは、フィンランドの麦わらを使った伝統工芸。
収穫の後、農閑期を利用して、ヒンメリを作り、クリスマスのオーナメントにしていたとか。

おりしも、山口市がフィンランド共和国ロヴァニエミ市と文化交流協定を結んだそうなので、この企画は、非常にタイムリーだと言えます。

そしてラッキーガールのbutakoさん、先日、南部フォーラムという会に行ったとき、地域おこし協力隊として、山口市南部地区でご活躍されている奥山さんが、な、なんとヒンメリのワークショップをされていると伺い、ワラをもつかむ思いで(ヒンメリだけに)、お会いしに行って来ました。
f0373051_22125866.jpg

今日は奥山さんの話を聞きに、徳地(とくぢ)地方にある 『うずまき Life Art』 さんの活動拠点にお邪魔をしました。

古民家を改造しており、とってもおしゃれなんです!
f0373051_22133565.jpg
その一角にヒンメリが飾ってありました。
やはり予想どおり、古い日本家屋と合いますねー。
観葉植物のグリーンともあってる。

f0373051_22121208.jpg

まずは『あかりさんぽ』の趣旨や大路ロビーに関しての紹介をして、
美味しいコーヒーを頂いて(バナナケーキはbutako作)
f0373051_22151765.jpg
いよいよワラを拝見しました。

f0373051_22160252.jpg

「ワラを剥いてから作るんです」と言われたのですが、ワラを剥くとははて?
そうなんです。
ワラの周りを覆う薄い皮をとると、そこに現れたのがストロー状の管。

f0373051_22163547.jpg

英語では、ワラのことをストローっていいますが、まさにストローの原型がこれなんだわーと妙に感激してしまいました。

根っこに近いほうが管が太い。
なーるほど。

そんなこんなで、ワラも少し分けていただけることになり、またヒンメリの作り方も後日、教わることになりました。
11月は教わったやり方で、ひたすらヒンメリを作るべし。

f0373051_22171616.jpg

良い出会いを感謝します。
またお忙しいなか時間を割いてくださった奥山さんとメンバーの皆様、ありがとうございます。
私も、私のできることで、お返ししたいと思った秋の一日でした。

butako170

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-22 21:55 | 近況

地上のパラダイス?! 湯田温泉 酒祭

お猪口を1500円で買って、飲み放題!
こんな素敵な祭りが湯田温泉で年に一度、行われます。
f0373051_18542816.jpg
去る10月9日晴天の日曜日。
ロベルトと2人で、湯田温泉酒祭に行って来ました。

1500円で前売りチケットを買っていたので、それを持ってまずは湯田温泉地区の井上公園へ。
そこでお猪口と替えて頂きます。
(当日券は2000円でした)
f0373051_18321002.jpg

butakoたちが到着したのが午後2時過ぎだったので、もう会場はスゴイ盛り上がりでした。
こちらが会場のマップ。
f0373051_18312179.jpg
①~④のポイントで、無料試飲が可能です。
一方A~Tのポイントは、各酒メーカーのブースで、今年一番のお酒を有料で試飲させてくれます。

ご覧ください、朝から祭りに参加されている方々が、いい感じに出来上がっています~★
f0373051_18555135.jpg
無料のブースでは、時間制でよいお酒も出してくれていました。
たとえば、雁木が飲めるのは、11時、14時、16時…のように、時間を決めておき、提供量を限定しています。
でももっとカジュアルなお酒ならば、常時飲むことができるんですね。

f0373051_18583006.jpg
また、湯田地区には、いたるところに足湯があります。
f0373051_19112474.jpg
なのでお酒に疲れたらのんびりと足湯につかり、酔いが醒めたらまた飲んで・・・と一日中、祭りを楽しむことができます。

そしてお酒を飲みながら、フードも楽しむことができちゃいますよ~。
ロベルト、ご満悦で頬ばっているのは、鮎の塩焼き。
f0373051_19003337.jpg
これがまた、日本酒とあうんだなぁ~!
f0373051_19013490.jpg
イベントにちなんだグッズも見逃せません。
f0373051_19025788.jpg
大殿大路にあるアトリエa.p.r.×旭酒造の獺祭ポーチ。
f0373051_19051367.jpg
前掛けを使ったお洒落で使い勝手のよさそうなポーチですね。

また湯田のインフォメーションセンターにある『狐の足跡』の有料足湯もいい感じですよ。
利き酒セット500円を飲みながら、のんびり足湯につかるのも乙なもの。
f0373051_19130492.jpg
夕方になると、参加者はほぼラテン系のノリになってきて、ここは地上の楽園?!と思うほどの楽しさ♪
butakoはこのあと、温泉に入らないといけないので、そんなに酔えなかったのですが、祭りの雰囲気には、大いに酔うことができました。

イタリアでは頻繁に行われるワイン祭りですが、日本ではなかなかお目にかかれません。
年に一度、湯田の町が日本酒で活気づくのは、素敵なことですね。

湯田温泉酒まつり
情報はこちらをご覧ください。

                                     butako

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-10-14 18:19 | 山口のイベント

山口市の夜の魅力…ゆらめき回廊2016を終えて

山口市にある国宝『瑠璃光寺の五重塔』ですが、日没から22時までライトアップされていることは意外と知られていません。
そのライトアップにさらに幻想的な魅力を倍増させるイベントが、『ゆらめき回廊』です。
(記事内の写真:兼行太一郎氏)
f0373051_16231760.jpg
ゆらめき回廊とは、およそ1000個のフローティングキャンドルを、瑠璃光寺内の公園(香山公園)に配置して、公園内を散策してもらうイベントで、毎年9月半ばに行われています。

ことしは台風16号のため、初日18日は中止となりましたが、
19日は規模を縮小してのキャンドル点灯と、瑠璃光寺にてハンマーダルシマーの演奏会を行いました。

あいにくの雨でしたが、雨ゆえの嬉しいサプライズも。
f0373051_16231727.jpg
濡れた石畳にキャンドルが反射して、幻想的な雰囲気に・・・。
配置したキャンドルは100個でしたが、これが1000個だったらどんなに美しいでしょう。

コンサートは、ハンマーダルシマー奏者yuichi FUJISAWA(藤澤由一)氏をお迎えしました。
f0373051_16230175.jpg
ペルシア生まれで、ピアノの原型であるこの楽器。

どこかオリエンタルな音色と、美しい響きが魅力です。
f0373051_16230114.jpg
お堂の雰囲気もすごく良くて、ハンマーダルシマーの演奏と絶妙にマッチしていました。
f0373051_16230275.jpg
途中、雨が強くなり、キャンドルのほとんどが全滅になってしまいましたが、
小ぶりになった際に、新しいキャンドルを点けて、なんとか回復。
f0373051_16231611.jpg
コンサートを終えて買える人々を、灯し火でお送りすることができました。
11月は毎土曜日に、キャンドルを点灯する予定です。
五重塔のライトアップ*とあわせて、お楽しみいただけます。

f0373051_16231643.jpg

山口市内観光は、日中の散策ももちろんですが、夜の美しさが隠れた魅力だと思っているbutako。
一の坂川周辺は、明かりも控えめなので、しっとりとした秋の夜長を楽しみながら、
瑠璃光寺 五重塔のライトアップを眺めるコースがおすすめです。

周りが暗いので、天気がよければ満天の星を楽しむこともできます。

皆さんも是非、夜の瑠璃光寺に訪れてみてください。
*五重塔のライトアップは毎日日没~22時までです。
(入場無料)

[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-09-22 13:51 | 山口のイベント

山口カルチャーショック!!

山口に住み始めて、20日ほどたちました。
ここで、山口カルチャーショックを受けた事を発表したいと思います。
一般的な事例のみならず、個人的な内容も入っています。

【山口の外郎は美味い】
名古屋のものとは触感も味も違う。
聞けば、山口のはワラビ粉(要確認。本物のわらび粉はめちゃ高くて希少です)、名古屋はうるち米由来の米粉を使っているそう。
うまいです!
特に『生外郎』なるものを人生で初めて食べましたが、ぷるんとしていて、とってもおいしかったです。

【そうめん瓜(かぼちゃ)】
山口市民ならば、よく知る野菜そうめん瓜ですが、butakoにとっては人生初。
もともと新潟の地場野菜だったのが、広がったようです。
皮ごと輪切りにした瓜をゆでて、水に取り、繊維をほぐせば、あら不思議。
素麺のような、刺身のツマのような形状になります。
よく絞って、酢の物にするのが一般的な調理法。
私的には、ぶっかけうどん風に麺つゆとゆで豚、納豆と混ぜて食べるのが◎
イタリア風にした時もありますが、いけました。

【ゴキブリ】
引っ越して4日目の夜に、トイレに出現したゴキブリ。
それまでは影もカタチも、糞も見かけなかったので、トイレの水に惹かれて来たものと思われます。
そして、翌日も夜、トイレ周辺で出現し、ゴキブリ嫌いの私を大いに怖がらせたのでした。
そこで毒エサをドラッグストアで買い、置いたところ、その夜から出なくなりました。
古い家なので、隙間がたくさんあるので、仕方がないですね。


【猫】
とある休日、台所で書き物をしていたら、リンという鈴の音で、家の裏手を勝手口越しに見てみたら、いました、猫が。
お互いびっくりして5秒ほど見つめあっていましたが、私が目を離して、振り返るともういませんでした。
また来ないかなぁ。
ゆっくりと友情をはぐくんでいきたいと思います。

【餅まき】
山口で行事ごとに行われる餅まき。
山口県民はどうやら餅まきが大好きらしく、大人の部、子どもの部に分かれて行われることも。
『餅まき情報』がTVで放映されているそう。
イベントで餅まきをすると多くの方が来るので、集客のためには欠かせないんですって。

【甘い醤油】
九州は醤油が甘い、と聞いていましたが、海を隔てたお隣の山口県の醤油も甘いみたいです。
みたいです…というのは、まだ味見したことがないのですが、
先日、地元の納豆をパックで買った時、ついていたタレがものすごく甘くて、味見してすぐに捨ててしまったほど。
醤油も早く味見してみたいです。
(我が家用の醤油は減塩うすくち)

【職場で差し入れに、むいた梨が回ってくる】
「部長からの差し入れです」とむいた梨がまわってきました。
今の時期は秋芳梨の時期なので、こうやって梨の差し入れもあるそうです。
りんごやブドウの名産地とも近いです。
だれかブドウ差し入れてくれないかなぁ。

【湯田地区のマンションの風呂場に温泉が出る蛇口がある】
湯田に住むとある方のお風呂場の写真を見てびっくり。
こんな家、あったらいいなぁ、ですよねー。

以上、山口カルチャーショック、住み始めたばかりの新しい視点で感じたことを綴ってみました。

butako170


[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-09-10 16:52 | 山口あるある

ご来山・・・ 初日はこうして過ごした。

8月25日(木)

本日、山口市に到着しました。
f0373051_21114353.jpg

山口駅では、山口市 観光交流課のSさんが、迎えに来てくださっていました。
Butakoはスーツケース1つとPC2台、一眼レフの入ったリュックサック、その他もろもろのかなりの大きな荷物を持っての旅でした。

この日から住めるように、とSさんが、ガスや水道、電気の契約を済ませてくださっていたので、あとは、布団とガスコンロを買うと、夜を過ごすことができます。
(きょうび、コンビニがあるのでガスコンロも必要ないくらいです)

送迎の足で、新居には寄らずに、布団を買いに行きました。
Sさんはあらかじめ段取りをしてくださっているので、私はそれにしたがってモノを選ぶだけ~♪
本当にしっかりとした方で、もう感謝感謝です!

Butakoが唯一気をつけたことと言えば、なるべく効率よく買い物ができるように
『悩まずに10分以内に決める』こと!
結構、優柔不断だから(汗)
でもがんばりましたよー。

f0373051_21134796.jpg

(カーテンは翌日選びました)

そんなこんなで、ガスコンロを選んだついでに、扇風機とトースターを購入しました。
ちなみに、洗濯機、炊飯器、テレビはSさんがあらかじめ購入してくださって、取り付けも済ませてくれていました。
なんとテレビは配線も完了。(でもまだ見れなかったけど)

f0373051_21122847.jpg

ちなみに冷蔵庫は今週末の土曜日に、福岡県の糸島市の友人宅に取りに行くように、手配しています。
(写真は後日撮ったもの)

そうなんです!
家財道具など、最低限の生活ができるよう、市の予算があてがわれているのです。
が、しかーし。
予算に限りがあるので、すべての道具を市の負担で購入するのは不可能。
また、最大2年半の任期を終えた後は、予算で購入したものは、市に返さなければなりません。

なので、何を自前にするかどうか、配分も考えねばなりません。

ロベルトがこの古い家に恋してしまったがゆえ、『畳を張り替える』ために、市の予算を使わざるを得ませんでした。
余分な出費が…。

あんなウネウネの畳じゃ、生活できない…とbutakoが言っても、
ロベルトはいまいちピンと来てなかったけどもね。
(イタリアーノは畳がどんなものなのか知らんのじゃろう。)

さてさて、最低限の必需品はそろいました。
でも、ちゃんとした机とイスがないから、ご飯を食べるのもダンボール机にお風呂用のイスなんですよー。

しかしこの土曜日には、福岡までダイニングテーブルとイスを取りに行くので、そんな生活ともおさらばです。
数日の我慢なり!

山口市初日のレポートはこんな感じです。
9月末にロベルトが来るまでは、古い家に一人ぼっち。
寂しいような、怖いような。
すぐに慣れることを願います~。

                         Butako170
[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-08-25 20:45 | 近況

イタリア人が住む(予定の)純和風の家 in山口

こちらの内容は、2016年8月1日付けの『butakoの2年間の休暇』でお伝えした内容をコピーしたものです。
新情報もアップしていきたいと思いますので、お楽しみに!

f0373051_11193173.jpg


*********

7月に日本に帰国中、実は山口市へ行っていました。
理由は、8月末から住み始める家の下見です。

9月からお世話になる山口市観光課の方と、見学する家をいくつか回りました。
あらかじめ、観光課の方が候補を出していてくれていて、私がさらに絞り込んで4軒を見学したのですが・・・。

ロベルト183cm、butako170cmと、でかいコンビなので、間取りが大きめのものをチョイス。
ただ、市の想定していた赴任用の住宅は『1人住まい』を前提としていたので、予算内の物件は、狭いか古いか・・・といったところ。

でも、まぁ、あまり贅沢は言っていられないし、雨露さえしのげたら、と思っていました。


結構気に入った物件。

家の中の設備が綺麗。
でも若干狭いかなぁ。


どこも「帯に短し、たすきに長し」だわね、と思い、候補の3軒(4軒の物件はカップルお断りということで土壇場で断られる)を全部見終わったのですが、ロベも私もどうも、いまいちピンと来ずに、終了しました。

見ることが叶わなかった4軒めは、一の坂川沿いの閑静な住宅街。
f0373051_1120746.jpg


春は桜、初夏は蛍が楽しめます。
ロベルトは一目でこの地域が気に入ったのですが・・・。
このままだと今日見た3軒から決めないといけないかしらねぇ。

と、そのとき、観光課の方が、butakoさんが働く予定の大路ロビー(大殿地区のふれあいロビー)へ行ってみませんか?
との提案で、ご挨拶もかねて伺うことにしました。

そこで9月からご一緒させていただく、KさんとSさんにご対面。
挨拶早々、家探しの報告をお二人にしているなかで、ロベルトが「せっかくだから日本家屋の一軒家に住みたい」と言い出しました。

Kさん、まさかそんな物件ご存知ないわよね?
と、新参者なのにずうずうしいbutako。

「ちょっと待ってくださいねー。」
なんとしても力になりたい・・・と、大路ロビーのリーダー的存在のHさんに電話でヘルプを求めたところ、Hさんが、速攻飛んで来てくださったのでした。

幾つかの候補があがったなかで、立地も内容も価格もピシャリな一軒を発見!!
翌日、その家を見せていただくことになりました。

その家というのが、こちら。
f0373051_113096.jpg


ロベルトが一目惚れしてしまった物件です。
縁側がある完全一軒家です。

6畳と4畳半の和室と、廊下を挟んで台所が。
f0373051_113122.jpg


勝手口が2つあり(!)そこを出ると透明なトタンを張った裏手のスペースがあり、でっかい二人が住んでも、圧迫感はなさそうです。

なによりもロベルトが気に入ったのはすばらしい日本庭園。
f0373051_11283485.jpg


家主さんが同じ敷地内に住んでいるので、お庭は手入れが行き届いており、これぞ『ザ・ニホン』なたたずまいです。
f0373051_11294166.jpg

ロベルトが夢中になるのも分かるわ~。

しかし、その和室も畳は波打ち、天井は隙間があり、風の日は埃が落ちてくると言います。
洗面所は、お湯は出ないし、ウォシュレットもない。
お風呂は脱衣所が狭く、浴槽も狭く、追い炊き機能もついていない。

現在の一般的な家の常識からしたら、ないないづくしです。

観光課の方には、

畳は張り替えますよ。
ケーブルテレビもなければひきますので、そこは大丈夫です。
butakoさんが家でも集中して仕事できる環境かどうかで決めてください。

と言われました。

そりゃそうだ。

そこで一度この案件は持ち帰って、ロベとよーく話をして決めた・・・と言いたいところですが。

ロベが『恋は盲目』状態で、この家でないと僕はホームシックで発狂する、とか言い出す始末。
おまえは子供か~!!と思いつつも

「たしかに日本のアパートは狭いし、周りは画一的な住宅ばかりだし、ロベの言うことも一理あるかな」と私も考え直し、なによりも、小さい工夫を積み重ねて住むのも悪くないなぁ、とbutakoのチャレンジ精神がメラ~と燃えてきたので、こちらの物件にすることにしました。
(単にロベルトに根負けしたという説も)

仕事はPCと机があればできるので、そのあたりは心配ないですね。
集中したいときは6畳間と4畳半の間のフスマを閉めることで解決ですし。

ということで、これから市のほうで、畳の張替えと予算内での家財道具の調達をしていただきます。
ちょっと、いや、かなりワクワクしてきた新居への引越しです。

原状回復が条件なのですが、そのなかでも住みやすく変えて行きたいと思います。

                           butako170
[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-08-24 11:26 | 自宅&DIY

イタリアから山口市へ

このたび9月1日より、山口市に嘱託職員として、最長2年半の任期で着任することになりました。
f0373051_11351682.jpg


山口市にアートを核とした地域興しをテーマに、地域おこし隊員としてがんばります。
まことに勝手ながら、イタリアからは当面、完全撤退をし、山口市内に住居を移します。

今まで『ウンブリアの食卓から』を通して、ウンブリアやイタリアにお越しくださった方々、当面はご迷惑をおかけしますが、3~5年後には、イタリアと日本を行き来して、アテンドの仕事は復活させたいのですが、まだ当面ははっきりとしたことがいえません。

今回の転職ですが、4月末に応募して、とんとん拍子に決まって行きました。
私の強みは『食』ですが、夫ロベルトと共にアートに関わっていくうちに、食とアートの両方が好きになりました。
(といっても、実は高校時代「芸大にすすまないか?」と美術教員にすすめられたほど、絵は上手く、また好きだったのですが、いまいち自信がなかったのですねー。こんなカタチで美術と巡り合うとは…)

そして、イタリアのスポレートにいるときから、地域おこしに対しては関心がありました。
なので、アートで山口を元気にしたいですが、食も忘れちゃいませんので。
山口県といえばフグが有名ですが、内陸の山口市ははたまた何が有名なんでしょう。

一度調べましたが、なんか食指が動かなかった。
このあたり、食いしん坊目線でよい提案があれば、させて頂きたいと思っています。

最初は、まず、街を知り、基本的な仕事を覚えていくことなので、追々テーマの根幹になるような仕事も積極的に任されるようになると思います。
だから9月からはひたすらインプットです。
多くの方に出会って、街のことを見聞き&味わい、たまに広島や福岡などでも活動していきたいと思っています。

長らく休んでいたブログですが、たぶん、タイトルを代えて、再開するでしょう。
まずは山口の日常の生活をお伝えしていきたいと思います。
でも、時々、ノスタルジックでイタリアの情報もアップすると思います。

将来的には、日本とイタリア、半々くらいの生活ができたら良いのですが、まぁ、どうなることやら…です。
やはり私の第二のふるさとはウンブリア州のスポレートですし、イタリアが大々好きですから。

これからも見守って、応援頂ければ幸いです。
金曜~日曜の3日間、仕事が休みなので、出張料理教室など始めたいと密かに思っています。
ご用命があれば、お気軽に声をかけてください。
9月以降、具体的な案内をお知らせします。

ではまた~。

butako170
[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-08-23 00:00 | 近況