<< Butako福岡へ! はじめて... イタリア人が住む(予定の)純和... >>

ご来山・・・ 初日はこうして過ごした。

8月25日(木)

本日、山口市に到着しました。
f0373051_21114353.jpg

山口駅では、山口市 観光交流課のSさんが、迎えに来てくださっていました。
Butakoはスーツケース1つとPC2台、一眼レフの入ったリュックサック、その他もろもろのかなりの大きな荷物を持っての旅でした。

この日から住めるように、とSさんが、ガスや水道、電気の契約を済ませてくださっていたので、あとは、布団とガスコンロを買うと、夜を過ごすことができます。
(きょうび、コンビニがあるのでガスコンロも必要ないくらいです)

送迎の足で、新居には寄らずに、布団を買いに行きました。
Sさんはあらかじめ段取りをしてくださっているので、私はそれにしたがってモノを選ぶだけ~♪
本当にしっかりとした方で、もう感謝感謝です!

Butakoが唯一気をつけたことと言えば、なるべく効率よく買い物ができるように
『悩まずに10分以内に決める』こと!
結構、優柔不断だから(汗)
でもがんばりましたよー。

f0373051_21134796.jpg

(カーテンは翌日選びました)

そんなこんなで、ガスコンロを選んだついでに、扇風機とトースターを購入しました。
ちなみに、洗濯機、炊飯器、テレビはSさんがあらかじめ購入してくださって、取り付けも済ませてくれていました。
なんとテレビは配線も完了。(でもまだ見れなかったけど)

f0373051_21122847.jpg

ちなみに冷蔵庫は今週末の土曜日に、福岡県の糸島市の友人宅に取りに行くように、手配しています。
(写真は後日撮ったもの)

そうなんです!
家財道具など、最低限の生活ができるよう、市の予算があてがわれているのです。
が、しかーし。
予算に限りがあるので、すべての道具を市の負担で購入するのは不可能。
また、最大2年半の任期を終えた後は、予算で購入したものは、市に返さなければなりません。

なので、何を自前にするかどうか、配分も考えねばなりません。

ロベルトがこの古い家に恋してしまったがゆえ、『畳を張り替える』ために、市の予算を使わざるを得ませんでした。
余分な出費が…。

あんなウネウネの畳じゃ、生活できない…とbutakoが言っても、
ロベルトはいまいちピンと来てなかったけどもね。
(イタリアーノは畳がどんなものなのか知らんのじゃろう。)

さてさて、最低限の必需品はそろいました。
でも、ちゃんとした机とイスがないから、ご飯を食べるのもダンボール机にお風呂用のイスなんですよー。

しかしこの土曜日には、福岡までダイニングテーブルとイスを取りに行くので、そんな生活ともおさらばです。
数日の我慢なり!

山口市初日のレポートはこんな感じです。
9月末にロベルトが来るまでは、古い家に一人ぼっち。
寂しいような、怖いような。
すぐに慣れることを願います~。

                         Butako170
[PR]
by yamaguchi-sosei | 2016-08-25 20:45 | 近況
<< Butako福岡へ! はじめて... イタリア人が住む(予定の)純和... >>